株式会社Autonomyは株式会社AutonomyHDグループの一員であり、完全オリジナルのオートパイロットを搭載した国産産業用ドローンを専属で販売しています。また、産業用講習・業務委託をはじめとした、各種アフターサービス等の関連事業も行っています。 ※APの開発・製造は株式会社AutonomyHDが行っています。
 

Surveyor-Ⅲ 有線給電クワッドコプター

本機体は、普及型クワッドコプターSurveyor-Ⅰを有線給電型に仕様を変更したものである。有線給電とするための地上施設は100V~240VのAC電源コンセントから電源を取り、昇圧をして電流を下げることで、有線給電ケーブルを細くすることに成功している。

この結果、110mのケーブル長でも重量は極めて軽量であることが特徴である。すでに、24時間のドローン稼働運転に成功している。こうした有線給電ドローンは山間部などLTE通信が使用できないエリアでのドローン無線通信電波中継や、災害時の臨時の携帯電話基地局、あるいは、臨時の長時間監視等に適している。